白鶴酒造「白鶴 2019年秋 酒蔵開放」2019/10/5 兵庫県神戸市

神戸市東灘区にある大手酒造メーカー、白鶴酒造さんが年2回開催する「酒蔵開放」のうちの秋バージョン、「2019年秋 酒蔵開放」が開催されます。灘の蔵開きは春季開催が多いですが、秋季開催では幕開けとなる蔵開きイベントです。本社敷地と資料館も含めた広い会場で、ゆったりした雰囲気で楽しめるでしょう。気持ちのよい芝生の屋外スペースが中心なので、晴天を期待します。

日時と場所

日 時:2019年10月5日(土)午前9:30~16:00(雨天決行・荒天中止)
場 所:神戸市東灘区住吉南町4丁目5-5 本社および白鶴酒造資料館
交 通:阪神電車「住吉駅」から徒歩、南へ5分

芝生にゴザを敷いて

今回の初企画。芝生開放では地元の畳店の協力のもと、無料のレンタル「ござ」を用意されるようです。数量がどれくらいかはわかりませんが、晴れていれば、最高のロケーションになるでしょう。

整備の行き届いた芝生の広場と屋外ステージ

工場見学

醸造工場(本店三号工場)の見学
・・当日、総合受付で各回、先着順に受付。約20分の見学コース。例年、所定の時間に本店三号工場 前に集合して出発です。回数が多いので参加できる可能性は高いです。コースは通路からの見学・説明となり、最後に垂れ口・仕込み水試飲があります。

スペシャル工場見学は事前申込

杜氏 伴光博さん(製造統括部長、前三号工場長)みずからが、四季醸造蔵である本店三号工場を案内していただけます。以前は当日、先着順でしたが、今回は事前申込となりました。
醪室に入って、タンクの間近まで迫れる貴重な機会です。 普段なかなか聞けない話もたっぷり聞けます。見学の最後にはきき酒もあります。
日 程:10月5日(土)
時 間: 全3回。各回、所要時間約1時間
    ①10:00  ②11:30  ③14:00
場 所:白鶴酒造株式会社 本店三号工場
講 師:杜氏 伴 光 博氏(製造部門統括部長)
定 員:各回15名と狭き門ですが、是非にとオススメします。 ※応募多数の場合は抽選。当落選は9月中にメールにて通知。
参加費:無料
締 切:9月23日(日)
応募方法:ホームページから、必要事項を入力して申込。

奥の看板のある建物が本店三号工場。手前が本店二号蔵

「おちょこ試飲」の試み

探せば、家にあるかも「白鶴おちょこ」

春のに引き続き、環境に配慮して試飲用のプラスチックカップが廃止となります。有料(100円)のおちょこを購入となります。おちょこを購入して無料試飲・有料試飲、振る舞い酒と垂れ口の試飲に利用します。おちょこは酒蔵開放オリジナル1,000個限定。なくなり次第、通常の白鶴おちょことなります。 白鶴のおちょこ持参でも試飲いただけます。これにより約2万個のプラスチックカップが削減されるそうです。
無料試飲は 白鶴酒造資料館で(1人1回のみ)。
○屋外会場
・お酒のチャリティ有料試飲
・若手開発商品「別鶴」有料試飲
・神戸大学コラボ商品「神のまにまに」販売

会場は 白鶴酒造資料館 を含む本社敷地

イベント

屋外ステージ(12時~)
・酒造り唄
・樽巻きショー
・鏡開き
・社員によるジャグリングショー
・呉田地区有志によるよさこい

こども向け

○子供向け企画
・紙すき体験
・阪神電車運転台操作体験(対象:小学生以下)

屋外会場 たべものなど

・福袋販売(9時30分、12時30分から数量限定販売)
・大吟醸の量り売り(数量限定)
・梅錦ビール販売 ・ござ無料貸し出し(協力:地元の畳店)
・新鮮野菜朝市
・呉田まちづくりの会 模擬店
・鯖寿司専門店「鯖や」出店
・大阪府漁業協同組合連合会 出店

白鶴酒造資料館 にはプロジェクションマッピングもあります

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA