白鶴酒造「白鶴 2019年春 酒蔵開放」2019/4/13 兵庫県神戸市

神戸市東灘区にある日本一の酒造量を誇る白鶴酒造さんが年2回開催する酒蔵開放のうちの春バージョン、「2019年春 酒蔵開放」が開催されます。今春はどこの蔵開きも入場者が増加していますが、資料館も含め会場が広いので、ゆったりした雰囲気で楽しめるでしょう。昨年秋の蔵開きから屋外に、タープやベンチ等の外飲みブースが用意されています。

開催日時と場所

日 時:2019年4月13日(土)午前9:30~16:00(雨天決行・荒天中止)
場 所:神戸市東灘区住吉南町4丁目5-5 本社および白鶴酒造資料館
交 通:阪神電車「住吉駅」から徒歩、南へ5分

白鶴酒造資料館開催

・お酒の無料試飲(一人一回のみ)
・お酒のチャリティ有料試飲

工場見学

本店三号工場

開場から20分ごとに開催。
最後に垂れ口・仕込水試飲があります。

製造部長スペシャル見学案内

整理券が配られますので、早めに並ぶ必要があります。座学と白衣を着て設備見学に所要約1時間と充実の内容です。場所は本店三号工場です。
①10:00(整理券配布9:30)
②11:30(整理券配布9:30)
③14:00(整理券配布13:00)

プラカップ廃止

今回からプラカップが廃止になり、代わりに「蔵開オリジナルおちょこ」が100円で2,000個限定販売されます。これを持って試飲を回ることになります。2,000個終了後は通常の「白鶴おちょこ」に変わります。昨年まで20,000個のプラカップが消費されていたそうです。

こども向け

・阪神電車運転台操作体験(対象:小学生以下)
・紙すき体験

屋外ステージ 13:30~

・酒造り唄
・樽巻きショー
・鏡開き
・社員によるジャグリングショー

屋外コーナー

・福袋販売(9時30分から・13時から)数量限定
・新鮮野菜朝市
・純米大吟醸の量り売り(数量限定)
・鯖寿司専門店「鯖や」出店
・梅錦ビール販売
・外飲みブース(㈱ロゴスコーポレーション協力)
・模擬店(住吉呉田まちづくりの会)
・大阪府漁業協同組合連合会 出店

白鶴美術館往復シャトルバス運行

10:30~15:00(毎時30分)
白鶴美術館発はJR住吉駅途中下車可(乗車不可)
春季特別展
・本館 「85周年記念 白鶴美術館の中国陶磁器 釉色への憧憬 ―宋時代を中心に―」
・新館 「コーカサスの絨毯」
なお、こちらにはお酒はありません。純然たる美術館です。

酒蔵とは離れた住吉川上流にあります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA