小西酒造「第22回 白雪蔵まつり」2019/2/10 兵庫県伊丹市

もっとも古い歴史を誇る酒蔵、伊丹市の小西酒造さんが恒例の「白雪蔵まつり」を開催されます。今年は清酒醸造蔵の富士山蔵が改装中のため、蔵見学は行われず、ビール醸造所の「白雪ブルワリービレッジ長寿蔵」を中心に実施されます。従って、内容的にはビール中心になりそうです。

日時、場所、交通

日時:2019年2月10日(日)10:00~16:00
場所:白雪ブルワリービレッジ長寿蔵及び周辺
交通:阪急伊丹駅、JR伊丹駅から徒歩

イベント内容

長壽蔵のビール醸造施設

長寿蔵会場

・振舞酒(鏡開き10:00、13:00)
各回先着100名に木マスをプレゼント。結構、長い行列になりますので、希望の方は早めに並んでください。
・燗酒コーナー
・ベルギービールカフェ
樽生ビール・ボトルビール販売
数量限定お楽しみセット販売
・クラフトビールコーナー

長壽蔵レストランのエントランス

・広島県世羅町 せらワイナリーコーナー
・キッズコーナー
・もとすり唄(11:00、14:00)丹波流の酒造り唄が聴けます。
・「わっしょい!冬の元気まつり」ダンス

長寿蔵レストラン2F

・講演会及び各種展示
富士山蔵の見学がなくなりましたので、日本酒らしいイベントは、この講演会になるでしょうか。演題は不明です。

長壽蔵全景

長寿蔵ショップ

・福袋の販売

広場・通り会場(長寿蔵前の商店街通り)

・おでん、フランクフルト、キャンディーキャンディーの販売
・白雪食品、各種漬物など販売
・伊丹名物粕汁うどん、たこやき
・広島県世羅町「夢高原市場」産直品販売
・郷町商業会の各種屋台

小西酒造のこと

小西酒造 富士山蔵

小西酒造は天文19年(1550年)に摂泉十二郷の中心、伊丹で創業と全国でも、また兵庫県内でも同じく伊丹発祥の剣菱と並んで長い歴史を誇ります。寛永12年(1635年)にはブランド「白雪」名を名乗っています。このため、蔵には貴重な古文書が多く残り、実際に「酒永代覚帖」の記録から「白雪 江戸元禄の酒」や「白雪 江戸慶長の酒」を現代に復刻しています。
下り酒の隆盛の当時、馬の背に酒樽を括り付けて江戸まで運ぶというものでしたが、海運に利便がある灘地域の発展に取って変わられました。後には灘・西宮郷に醸造蔵を持っていましたが、現在はJR伊丹駅東南の「富士山(ふじやま)蔵」に集約しています。一方で長壽蔵はビール醸造所となっています。
伊丹酒の伝統を引き継ぎながら、清酒部門も新製品を発表しています。全国新酒鑑評会でも昨年、平成29酒造年度で平成23、25、26年度に続き金賞を受賞しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA