「西宮蔵開 2019」兵庫県西宮市

灘五郷のうち西宮郷と今津郷が位置する西宮市で「西宮蔵開2019」が開催されます。2019年2月2日から3月3日の間に6つの蔵が毎週一つまたは二つ蔵開きのイベントを開催するもので、普段は行わない蔵見学も実施されます。さらに今年はオープニングイベントが2019/1/19に開催されます。

[Nishinomiya Sake Brewery Festival 2019]  Nishinomiya City, Hyogo Prefecture
2019/1/19 Opening event
2019/2/ 2 Osawa-honke brewery
2019/2/16 Tatsuuma-honke
2019/2/23 Nihonsakari
2019/2/24 Mandai-osawa brewery
2019/3/ 3  Ozeki
2019/3/ 4 Hakutaka

実施日と内容

昨年、同会場で開催された「灘五郷 ほろ酔い 月下の宴」の酒蔵ブース

1月19日(土)オープニングイベント

10:00~15:00
<会場>六湛寺公園 阪神西宮駅市役所口
<内容>お酒の試飲と販売
今回はじめてのイベントになりますので、内容は不明ですが、同会場では昨年10月1日に「灘五郷 ほろ酔い 月下の宴」が開かれましたので、同じようなものかと予想します。

 

2018/2/3大澤本家 開会直後の試飲カップ受け取りの行列

2月2日(土)  「寶娘」大澤本家酒造

11:00~16:00
<内容> 木造蔵見学 しぼりたて新酒試飲販売 酒かす販売
<住所> 西宮市東町1-13-28 TEL:0798-33-0287
もともとサイズは小さな蔵なので見学はのぞく程度で、行列の先で、順に見学できます。解説はあります。見学後、試飲と販売に続きます。

2月16日(土) 「白鹿」辰馬本家酒造

2017/2/18 白鹿 蔵開き

10:00~15:00
<内容> 蔵開き限定酒の有料試飲と販売
ライブ映像による酒造り紹介(人数限定・先着順)
鏡開き・菰巻き実演
杉玉作り体験(人数限定)
酒粕、奈良漬けなど販売、飲食ブース
<住所> 西宮市建石町2-10 TEL:0798-32-2791

・蔵見学がなくなり、ライブ映像に変わりました。ウォークもなくなったようです。

2月23日(土) 「日本盛」日本盛

蔵見学の受付はすぐに終了

10:00~15:00
<内容> 日本酒の有料試飲 蔵見学(人数限定、当日受付先着順) お酒に合うおつまみの販売
<住所> 西宮市用海町4-57(煉瓦館北側) TEL:0798-32-2581

「日本盛&獺祭バー」も開店。直売店舗の煉瓦館では獺祭は常時販売しています。これは旭酒造の社長が日本盛に勤めていた縁によるもの。昨年は全国新酒鑑評会金賞受賞。残っていれば出るかも知れません。蔵見学は例年午前(15回)、午後(13回)で、150人くらいかと思います。配布予定時間の10:00の列で午前の部は終了。昼までに午後の部も終了のようです。

2月24日(日)「徳若」万代大澤醸造

11:00~16:00
<内容> 試飲有料(一部無料) しぼりたて新酒販売 しぼりたて酒かす販売
<住所> 西宮市東町1-13-25 TEL:0798-34-1300

3月2日(土) 「大関」大関

10:00~15:00
<内容>  蔵出し原酒の有料試飲 蔵見学(人数限定、当日受付先着順) 各種模擬店 演奏・パフォーマンス
<会場>大関寿製品庫 今津出在家町4-9 TEL:0798-32-2011

※ 蔵見学(人数限定、当日受付先着順)は、昨年も受付開始時には満席となっていましたので、早めに並ぶことをお薦めします。

西宮蔵開き中でもっとも内容の濃い蔵開き。開場前から長蛇の列ができており、開場後もしばらく有料試飲でさえ「最後尾」のプラカードが出る状態でした。蔵見学は10:00には定員受付終了となるでしょう。見学施設は寿蔵で、ロッカーに荷物を預けてから入場。3階、2階、1階の順に通路からの見学になりますので、大手であり衛生管理が厳しいので、あまり臨場感のあるものではありませんが、説明は丁寧でした。

白鷹 醸造蔵

3月3日(日) 「白鷹」白鷹

11:00~15:00
<内容> 蔵開き限定しぼりたて新酒有料試飲・販売  西宮限定「宮水の郷」有料試飲・販売
飲食ブースでのホットメニューの販売、酒粕販売
<会場> 白鷹本蔵東側 西宮市浜町1-1 TEL:0798-33-0001

詳しくは「2019西宮蔵開」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA