2017西宮蔵開 兵庫県・西宮市

灘五郷のうち西宮郷、今津郷が位置する西宮市で「2017西宮蔵開」が開催されます。2017年2月4日から3月4日の間に6つの蔵が毎週一つまたは二つ蔵開きのイベントを開催するもので、普段は行わない蔵見学も実施されます。

”2017 Nishinomiya Sake Brewery Festival” will be held in Nishinomiya City, Hyogo Prefecture between February 4 and March 4, 2017. Nishinomiya City is in ”Nada Gogo” which is the traditional and largest sake brewing area. During this period, 6 sake breweries in two areas of Nishinomiya Township and Imazu Township will host the event. You can see the process of sake making which you can not usually see.

実施日と内容

2月4日(土)  「寶娘」大澤本家酒造

11:00~16:00
<内容> 木造蔵見学 しぼりたて新酒試飲販売 酒かす販売
<住所> 西宮市東町1-13-28 TEL:0798-33-0287

2月11日(土・祝)「徳若」万代大澤醸造

11:00~16:00
<内容> 試飲有料(一部無料) しぼりたて新酒販売 しぼりたて酒かす販売
<住所> 西宮市東町1-13-25 TEL:0798-34-1300

2月18日(土) 「白鹿」辰馬本家酒造

2017/2/18 白鹿 蔵開き

10:00~15:00
<内容> しぼりたて無濾過生原酒等の清酒・食品販売 蔵見学(人数限定、当日受付先着順)
酒蔵ラボ「微生物の世界をのぞいてみよう」※親子向 ミニ酒林(杉玉)つくりワークショップ※親子向
<住所> 西宮市建石町2-10 TEL:0798-32-2791

今回は新たな企画として「酒蔵ラボ」が行われました。内容は酵母や麹などの微生物の働きを顕微鏡で見ながら解説を受けるというもの。これは子ども向けに企画されたものでした。

 

 

2月25日(土) 「日本盛」日本盛

蔵見学の受付はすぐに終了

10:00~15:00
<内容> 日本酒の有料試飲 蔵見学(人数限定、当日受付先着順) お酒に合うおつまみの販売
<住所> 西宮市用海町4-57(煉瓦館北側) TEL:0798-32-2581

「日本盛&獺祭バー」も開店。直売店舗の煉瓦館では獺祭は常時販売しています。これは旭酒造の社長が日本盛に勤めていた縁によるもの。全国新酒鑑評会出品予定酒の試飲(¥300)も限定500杯でありました。蔵見学は午前105名(15回)、午後91名(13回)ですが、配布予定時間の10:00を待たずに長蛇の列で午前の部は終了。午後も繰り上げで配布がはじまったようです。いつもどおりに醪のタンクを覗いて香りも体験できる臨場感あふれるものでした。

 

2月26日(日) 「白鷹」白鷹

11:00~15:00
<内容> 蔵開き限定しぼりたて新酒有料試飲・販売  西宮限定宮水の郷有料試飲・販売
飲食ブースでのホットメニューの販売
<住所> 西宮市浜町1-1 TEL:0798-33-0001

3月4日(土) 「大関」大関

2017年大関蔵開き

10:00~15:00
<内容>  日本酒の有料試飲 蔵見学(人数限定、当日受付先着順) 各種模擬店
<住所> 今津出在家町4-9 TEL:0798-32-2011

※ 蔵見学(人数限定、当日受付先着順)は、昨年も受付開始時には満席となっていましたので、早めに並ぶことをお薦めします。

西宮蔵開き中でもっとも派手な蔵開き。開場前から長蛇の列ができており、開場後もしばらく有料試飲でさえ「最後尾」のプラカードが出る状態でした。蔵見学は9:20から並んで40番目あたりで、10:00には140名の定員受付終了となりました。見学施設は寿蔵で、ロッカーに荷物を預けてから入場。3階、2階、1階の順に通路からの見学になりますので、あまり臨場感のあるものではありませんが、説明は丁寧でした。

詳しくは「2017西宮蔵開」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA